かつての亀山第1工場が“太陽”ならば、同じ三重県内にある三重第3工場(左写真)は静かに光る“月”のような存在だった。2000年代初頭、シャープの液晶事業には大きく二つの潮流が生まれていた。一つは液晶テレビ市場の成長を視野に、より大きな工場で大きな液晶パネルを生産するという「大きさ」を求める流れ。もう一つは、携帯電話などの小さな端末に向けて、より高精細な液晶パネルを多品種向けに作る「細かさ」を求める流れだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。