「10周年の記念日は、誰も覚えていませんでした」。今年1月28日、よく晴れた火曜日のこと。三重県亀山市にある工業団地内の貯水槽が据えられた丘の上からは、シャープ亀山工場のいつもと変わらない姿を眺めることができた。工場内では、静かに液晶パネルが生産され、社員たちによれば、何一つ特別な行事はなかったという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。