メル・ギブソン扮するスコットランド独立の闘士、ウィリアム・ウォレスが「自由を!」と叫んで処刑台の露と消える。映画「ブレイブハート」をご覧になってイングランドとスコットランドの溝の深さに驚かれた方もいるだろう。夢物語になってしまった感のあるスコットランド独立だが、今年9月、それが実現する可能性が出てきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。