本当に久しぶりのことだった。5月28日、衆院の予算委員会が開かれた。首相の安倍晋三はブルーのスーツにピンクのネクタイ。他の多くの閣僚がクールビズの中でひときわ目立った。安倍が強い意欲を示す集団的自衛権行使の憲法解釈変更をめぐり、安保法制懇の報告書が提出され、自民、公明の与党両党による協議が開始された直後というタイミングだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。