養父市に、東京都を引っ張ってもらいたい」。4月、兵庫県養父(やぶ)市の広瀬栄市長が招かれたNPO法人主催のシンポジウムで、竹中平蔵・慶應義塾大学教授は、その目に消極的に映る東京都をやり玉に挙げつつ、同市をそう持ち上げた。国家戦略特区に指定された6地域の中で、ひときわ、期待を集めているのが、この中山間地に位置する人口わずか2万6500人の小さな市だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。