アベノミクス「第3の矢」、成長戦略の“矢尻”たる国家戦略特区。3月末、地域を限定した大胆な規制緩和を図るその第1弾として、東京や関西という「広域圏」をはじめ、6地域が指定された。5月下旬から、区域会議の構成員の公募が始まったが、成否を握る東京都と国の間では早くも不協和音が生じるなど、前途多難の様相だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。