アプローチでミスを繰り返す人には、ある共通点があります。それは「ボール位置」が間違っていることです。例えば、SW(サンドウエッジ)やAW(アプローチウエッジ)の場合、体の中心(背骨の前)を基準にして、より高く上げるときは左足寄りに、低めに打ち出したりスピンをかけたりするときは、右足寄りにボールを置くのがセオリーです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。