“LCC元年”といわれる今年、JALとANAがそろって中期経営計画を公表した。環境激変が見込まれる中、一見すると2年後の利益計画は大差ないが、LCCに対する考え方は正反対、燃油や為替の前提条件も異なるなど、中身は大きく異なる。その詳細を分析した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。