電子キーボードで有名なローランド。電子音楽の規格である「MIDI」を開発したとして、創業者がグラミー賞を受賞したこともある名門企業だが、13年3月期までの4期連続で最終赤字を記録するなど、昨今は苦しい状況に陥っていた。そんなローランドが5月14日、MBO(経営陣による買収)を実施し上場を廃止すると発表した。その狙いはどこにあるのか、三木純一社長に聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。