地方の人口急減に貸し出し利回りの急低下。金融庁は地方銀行の将来を憂えて、再編を模索するが、この先、地銀の利益は、いったいどこまで落ち込んでいくのか。5年後のコア業務純益を推計し、消滅ランキングを作成した。ここでは、悲観シナリオと楽観シナリオのみならず、本紙に掲載しきれなかった、その中間に当たる2つのシナリオを加えた完全バージョンをお届けする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。