銀座五丁目の旧東芝ビルと銀座六丁目の松坂屋の再開発が順調である。両ビルとも既存建物の解体工事が予想以上に早く終了し、竣工予定時期を半年ほど、前倒しする勢いである。敷地四方を道路に囲まれていることが、工事進捗に好影響を与えている可能性はある。今のところ、旧東芝は2015年9月竣工、松坂屋は16年11月竣工が予定されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。