2013年9月、国務院総理として初めて夏季ダボス会議(大連市)で基調講演をした李克強の表情は、自信と覚悟で満ち溢れていた。「以前の2桁の成長率に比べて、約7.5%の成長率はいくらか低いだろうが、世界的に見れば中国は依然としてハイスピードで成長している」「われわれは、経済を持続的、かつ健全的に発展させていく能力と条件を持っている」

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。