4月に故・胡耀邦元中国共産党総書記の長男である胡徳平氏が日本を訪れ、2年ぶりに会った。耀邦氏は、後に天安門事件に発展する民主化を導いた改革派であり、徳平氏は習近平国家主席と直接話ができる人物だ。徳平氏が安倍晋三首相ら日本の政府要人と会談したことから、訪日の思惑について臆測を呼んでいる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。