近年、中国は「海洋権益の保護」を掲げ、海軍の軍備増強と活動の拡大が著しい。こうした中国の軍事力増強に懸念を示すのは日本だけではない。2014年3月4日に発表された、米国の4年ごとの戦略の見直しであるQDR2014も、「中国が人民解放軍を近代化する意図」について疑念を示している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。