聞がメディアの黄金時代に築き上げた、本社ビルや関連の不動産がいま再開発によって、事業の主柱になろうとしている。部数と広告が減少するなかで、ジャーナリズムを支える。新聞という当時としてはベンチャー企業ともいえる、事業に乗り出した明治期の創業者たちには想像もできなかった時代の到来である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。