それは思いを一つに結晶させた「ハート」の形か、それとも勝利への決意を込めた「拳」の形なのか──。今年3月15日、ソチ五輪8日目の女子アイスホッケーの試合前の一瞬。地元ロシアの選手20人がゴールの前で円陣を組むと、競技場のはるか上方の天井に取り付けられた遠隔操作のカメラからシャッター音が響いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。