ある進学塾が生徒の保護者向けに発行している会報誌に連載されたコラムを本にまとめたもの。子どもたちは次から次へと質問を発するが、これらの一見素朴な質問は、しばしば根源的で難しくて大人を立ち往生させる。編著者によると、哲学的らしい問い(例えば「なぜ働くのだろう」)を発することは子どもでもできるが、この問いを定式化して問い続けることには独特の技術と力を要するので、子どもにはできない。そこで、哲学者の出番だ。素朴で根源的で一筋縄では答えられないような問題に対して、ベテランの哲学者2人ずつが、あたかも子どもに教えるように、答えを競作する趣向になっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。