プロの翻訳者である山川早霧さんは、「ゲッティ イメージズで働くリンギスト」(言語専門家)の一人だ。毎朝、東京・原宿にあるオフィスに出勤すると、世界中で働く約20人の言語のスペシャリストたちと一緒に、あらゆる画像に付記するデータの編集作業が始まる。彼女たちの主な仕事は、世界中のユーザーから月に約3500万回も検索される巨大な画像データベースの“言葉の管理”だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。