1980年代に世界の市場を席巻していた日本のハイテク産業が、この20年ほどで勢いを失ってしまったのはなぜか。制度的・文化的障壁などによって海外からの直接投資が妨げられ、人材不足に陥ったのが大きな原因だ。優秀なグローバル人材を引き寄せることに成功し、世界をリードするIT企業やイノベーションを次々と生み出している米国と対照的である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。