4月25日、警視庁は、3月まで法務省の財産訟務管理官を務めていた男性幹部(現官房付・50歳)を、同省の女子トイレにおける盗撮容疑などで書類送検した。財産訟務管理官といえば現職検事である上、法務省の中枢である大臣官房で国有財産の管理や国の債権などに関する民事上の争訟事務を担当する要職だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。