「週刊ダイヤモンド」5月3・10日合併号特集「年収1000万円の不幸」に関連するスペシャルコンテンツとして、ヘッドハンティング会社サーチファームジャパンの武元康明社長のインタビューを掲載する。武元社長は自らヘッドハンティングの候補者の面接を数多くこなす、いわば、高収入人材の目利きのような存在だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。