「なにとぞ御高覧頂きたく存じます」。年明け以降、みずほフィナンシャルグループ(FG)には、そうした書き出しと共に、略歴書の入った封書がいくつも届いていた。昨年の暴力団融資を巡る問題を受け、みずほがガバナンス(企業統治)の強化策として、委員会設置会社への移行作業を進める中、送られてきた封書の数々は、委員会メンバーとなる社外取締役の候補として手を挙げる、いわば「応募書類」だった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。