宇宙はどのようにして始まり、どのようにして終わるのか。これは、人類あるいはこの宇宙に存在している全ての生命体にとっての最大かつ究極の問題である。われわれが宇宙について科学的に合意を得てきたことは、(1)宇宙ができてから約138億年が経過していること、(2)宇宙の始まりにはビッグバンがあり、それから宇宙は膨張を続けていること、(3)宇宙を構成する物質のうち、われわれがその存在を確認できていない暗黒物質がかなりの比率を占めていることなどである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。