本誌4月26日号では、「ソニー消滅!! 尽き果てる”延命経営”」と題した特集を組み、平井一夫社長兼CEOの手による経営が再建ではなく、延命にすぎず、それにも赤信号が灯っている内情を余すところなく描き出した。振り返れば2年超前、本誌は2012年2月4日号で「さよなら! 伝説のソニー なぜアップルになれなかったのか」という特集を世に問うた。いまだ漂流を続けるソニーをより理解してもらうため、ここにあえて当時の特集のカバーストリーを再掲載する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。