世界最大のカジノ運営会社、ラスベガス・サンズの創業者で「カジノ王」と呼ばれるシェルドン・アデルソン会長が、日本への興味を強めている。今年2月には、プライベートジェット機で東京を電撃訪問。「日本に100億ドル(1兆円)を投じる用意がある」と発言したほどだ。アデルソン会長が動き始めたのには理由がある。日本でもついにカジノ解禁が現実味を帯びてきたためだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。