今年4月に全世界の利用者数4億人を突破し、勢いに乗るLINE。親会社は、韓国で検索シェア7割を誇るネイバーで、その100%子会社という立場でありながら、日本に根を張り、日本発で急成長を遂げた。その秘密と今後の展望を、最高執行責任者である井澤剛氏が語った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。