「ここは退いたほうが追及の矛先が鈍ると判断したのではないか」。前みんなの党代表、渡辺喜美の辞任について同党幹部の1人はこう分析した。化粧品販売会社ディーエイチシー(DHC)会長からの計8億円の借り入れ問題が発覚したのが3月25日。それからわずか2週間。4月7日、渡辺は国会内で無念の記者会見に臨んだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。