「インターネット社会の支配者」とまで称されるグーグルだが、SNS分野での存在感は決して大きくない。かつて「グーグルバズ」など独自のサービスを展開したが、いまは終了している。そして現在、グーグルのSNSと見なされているのが「グーグル+」。自分の写真や動画を管理・公開したり、特定のグループのみと情報を共有したり、チャットやビデオ通話などができる「ハングアウト」などの機能も用意されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。