米著名ノンフィクション作家のマイケル・ルイス氏が書いた『フラッシュ・ボーイズ(Flash Boys)』。3月31日の発売がきっかけでウォール街が大騒ぎになっている。というのも、同書が「高頻度取引(high frequency trading=HFT)の実態を明らかにしたのに呼応する形で、エリック・ホルダー米司法長官が4月4日の下院公聴会に出席し、HFTに違法行為がないかどうか調査すると明言したからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。