7年越しの交渉で合意に至った日豪EPA(経済連携協定)。日本側は牛肉や農産物の関税で、オーストラリア側は自動車で譲歩した結果だ。日本は、この合意をテコにして、膠着している米国とのTPP交渉を動かす狙いだが、はたして米国から譲歩を引き出せるか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。