陸前高田市の旧広田水産高校敷地内にある仮設住宅では、不審者への対策で結成された自警団がコミュニティを支える存在となっています。働き盛りの20~40代が中心なため、団員が集まれば自然と「この街をどうするのか」といった話題になるそうです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。