改竄、捏造と決めつけられたことは、とても承服できません──。STAP細胞論文について、理化学研究所の調査委員会は1日、小保方晴子ユニットリーダーが不正行為をしたと認定する調査結果を公表した。小保方さんは弁護士を通じて即座に不服申し立ての意向を表明。“世紀の発見”は一転して日本の科学史に汚点を残す“泥沼対決”の様相を呈している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。