短期の投機勢の攻勢と、それを受け止める中長期の投資家の不在。突き詰めれば、日本株暴走の要因はこの二つに尽きる。外国人投資家の主役を張るグローバルマクロ型ヘッジファンドが売買の“材料”にするのは、勝手に解釈した世界の動向。企業の業績など眼中にない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。