リーマンショックや欧州債務危機を契機に、最近の国際的な金融規制は、それまでの自由化・規制緩和の流れから危機回避に向けた監督強化へと大きく変容している。最近の国際金融システムはなぜ不安定化したのか。また、金融システムの安定性を確保するには、今日、どのような対応が必要なのだろうか。本書は、このような多くの人々が抱く疑問に対する解答を、1980年代以降に金融システムが変化した背景を概観しながら模索した優れた啓蒙書である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。