大阪市長、橋下徹が大阪都構想の実施に向けて一発逆転を狙った「出直し市長選」。しかし、結果は過去最低の投票率(23.59%)と7万票近い無効票。どう見ても「出直し」の大義名分は見つからない。選挙そのものが市民に否定されたとみられるからだ。ところが橋下流の受け止めは違った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。