銀座の商業ビルの事業採算性を決定的に左右するものは、1階を使用するキーテナントの決定条件である。新築ビルにおいては、特に重要である。日本有数の商業地として発展を続けてきた銀座地区は、古くからの建物も多く、地区全体が建物更新時期を迎えている。そのことは、新耐震設計基準の建物を除いて、建て替えを多くの貸ビルオーナーが計画することになる。銀座地区で新たに建築を考える場合、一般建築法規とは別に、俗に「銀座ルール」と呼ばれている①「銀座地区駐車施設整備のてびき」と、②「地区計画の手引き・新しい銀座のルール」をクリアする必要がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。