2011年3月11日午後2時46分、東北地方太平洋沖で発生した大地震・津波の被害は、2014年3月10日現在の警察庁緊急災害警備本部広報資料によれば、死者1万5884人、行方不明者2633人、全壊建物12万7302棟、半壊建物27万2849棟、その他、道路の損壊4198カ所、橋梁被害116カ所など、東北地方の太平洋沿岸全域に及んだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。