「日本の有望企業を教えてほしい。研究開発費の3割はバイオベンチャーに投資するつもりだ」 海外のメガファーマから相談を受けた山崎清一・いちよし経済研究所主席研究員は驚愕した。彼らが用意した資金の額が、国内最大の研究開発費(2012年度3243億円)を投じる武田薬品工業に匹敵する規模だったからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。