小売店などが消費増税分をメーカーや卸など納入業者に押しつける形で納入価格引き下げを要求する“課税転嫁拒否行為”。前回の1997年増税時に多数報告されたことを警戒し、国ではさまざまな対策を講じている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。