グリーン周りのショートアプローチは、ピンにピタリと寄せて1(ワン)パットの、いわゆる「寄せワン」を取りたいところですよね。私が大事にしているのは「状況判断」と「右手の感性」です。まず、ピンに対してボールを転がすことができるかどうかを見極めます。バンカー越えなどの特殊な状況を除いて、転がして寄せるランニングアプローチを第一に考えます。高く上げるより転がしたほうがやさしく、距離感も合わせやすいからです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。