5月下旬、春秋航空日本が日本の国内線に参入することで、国内を飛ぶLCC(格安航空会社)は4社となる。競争が熾烈さを増す一方で、利用者の選択肢は増える。すでにグループの春秋航空が上海から日本各地に就航しているが、片道3000円からと驚きの低運賃だけに日本でもその運賃が注目される。日本の国内線に参入する狙いを聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。