日の丸旅客機としてはYS-11以来、50年ぶりの開発となる「MRJ」。開発主体の三菱航空機に加えて、川崎重工業や富士重工業の開発者も加わって“オールジャパン体制”で開発を急ぐ。MRJの競争力に加えて、最新の開発動向や、これからの課題とされる販売・サービス網の構築について聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。