「まるで1990年代後半の日本を見ているようだった」(尾山長久・イオン専務執行役アセアン事業最高責任者) イオンは今年1月にベトナムのホーチミン郊外にSC1号店「イオンモール タンフーセラドン」を開業した。約120の専門店から成る同国最大級の大型SCとあって、店内はどこもかしこも長蛇の列。開業から20日間で訪れた客数は約220万人に上った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。