2008年9月15日、米国第4位の証券会社・投資銀行であったリーマン・ブラザーズが総額6130億ドル(約65兆円)に上る巨額負債を抱えて破綻した。世にいう“リーマンショック”である。これをきっかけに世界的な規模での金融危機・同時不況がもたらされた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。