企業の提供する年金や退職金には二つのタイプがある。将来の給付額を約束する確定給付型の制度(DB)と、給付額が運用成果によって変動する確定拠出型の制度(DC)だ。このうち、M&Aで特に問題となるのはDBである。対象企業がこの制度を有している場合、その債務額を正しく把握して買収価格に反映させなくてはならないからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。