クロスボーダーM&Aに際し、買収契約で一定期間の処遇条件の維持を求められる場合が多い。だが、退職金を含むベネフィット(福利厚生)の中には買収後に同等な内容の給付が難しかったりするものもあるため注意が必要だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。