東京五輪開催前に銀座は変わる。第二次世界大戦時の東京大空襲により、銀座の街は甚大な被害を受けた。関係者の懸命の努力により戦災を免れた一部の建物――例えば、和光本館(1932年竣工)、教文館・聖書館(1933年竣工)――を除いて、多くは灰塵と帰した。銀座は一面の焼野原と化したのである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。