インドのインフレ率が高止まりしている。2月12日に公表された1月の消費者物価指数(CPI)は、前年比+8.8%だった。12月の+9.9%から鈍化したものの、価格変動の大きい生鮮品の高騰が一服したことによるもので、食品を除くCPI上昇率は前月とほぼ同じだった。国際的に見ても、アジアの新興国の中でインドのインフレ率は特に高い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。