4年前の社長就任時に掲げた売上高4兆円、海外売上高比率40%の達成が視野に入ったことを花道に、三菱電機の山西健一郎社長がトップを交代する。後継者には柵山正樹副社長が指名された。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。