現代の中央銀行総裁に問われる能力は何か。フィナンシャル・タイムズのジリアン・テット記者によると、国民や市場の心理に働き掛ける「文化的な資質、言葉の力」だという。彼女は昨年8月、連邦準備制度理事会(FRB)のベン・バーナンキ議長の後継者を占う記事中で、中央銀行総裁を「マネタリー・シャーマン」(金融政策の呪術師)となぞらえた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。